ブログトップ

祭りびと 踊りびと

<   2016年 04月 ( 114 )   > この月の画像一覧

d0337380_22001051.jpg



あくまでこの文章は
誰かを批判したり
何かを主張したりする種類のものではなく

僕個人の心の中のモヤモヤについてのもので

この間twitterで
ある海外セレブの女性の激太りとかいう
毒にも薬にもならないような
ありふれたネットニュースをリツィートした後で

とあるよさこいの演舞中の若い女性の写真と一緒に
「似ていると思う。冗談、冗談。」
なんて言うコメントをツィートしていた
カメラマンの方が居ました

おそらくはその女性のお知り合いで
気の置けない冗談を言い合える関係で
その女性も少々のことは気になさらない性格で

あー!!やっぱアカン!!
僕は嫌い
悪いけどそのカメラマンさんの写真は見たくないし
言葉も目にしたくない

せめて閉じられたコミュニティの中でのことならともかく
不特定多数の人が目にするSNSでって…
その女性はどんな気持ちになっただろう…

もちろんその女性は太っているなんてほどじゃなく
普通に可愛らしい女性でした

最近は肖像権の問題で
人物写真が撮りづらくなってる中で
こころよく写真を撮らしてくれて
「撮って頂いてありがとうございます。」とまで
言ってくれる踊り子さんたち

カメラマンはその気持ちに
最大限、誠実に向き合うべきだと思う
信頼するに足る存在でなければ
ならないと思う

踊り子さんたちが
安心して写真に撮られるような
写真に撮られて気分が良くなるような
そんな存在を目指すべきだと思う

太っている人、痩せている人
若い人、お年を召した人
容姿も人さまざま

でもできる限りの努力で
男性はかっこよく
女性は綺麗で可愛らしく
撮ってあげたい

少々の欠点があったとしても
その人の持っている魅力を
最大限引き出して
写真に収めたい

それは
写真家として当たり前ってゆうか
根源的な本能みたいなもののはず

僕は大して上手でもない
高価な機材も持ってない
ただのアマチュア写真家だけど
その本能は確かに胸に持っている

そのためにいつも
あーでもないこーでもないと悩んだり
今度はあーしようこーしようと
努力は惜しんでない

決して冗談のネタにして
揶揄するために写真撮ったりはしません

写真家のハービー山口さんの言葉
「いい写真を撮る秘訣は
 撮られている人の幸せを願うような気持で
 シャッターを切ること」
ってのはそのことと通じるものがあると思う

僕は写真家なので
言葉ではなく
写真で証明していきます


どまつり夜桜 in 岡崎2016 守破離
どまつり夜桜 in 岡崎2016 守破離 posted by (C)kuma
by maturibito-odorib | 2016-04-29 22:55 | 雑感 | Comments(0)