ブログトップ

祭りびと 踊りびと

よさこいなどの撮影に行って
すごく思うこと

キャノンのカメラ(EOS)が
圧倒的に多い

キャノン→70%
ニコン→15%
ソニー→10%
ペンタックス、オリンパス、パナソニック→5%

くらいに言っても
決してオーバーではない

たしかにEOSはいいカメラで
オートフォーカスが速い
優秀でラインナップ豊富なLレンズのシリーズがある
人物が綺麗に撮れると定評がある
EOSを使っているプロが多い

などのアドバンテージがあります

じゃあもしあなたが
僕みたいに踊りびとに感動して
写真に撮りたいって思ったら
EOSのカメラを買えばいいのか?

YES、もしあなたが相当なお金持ちならば

ボディはEOS7D MarkⅡ
レンズEF-S 17-55mm f2.8(標準)
EF 70-300mm f4-5.6L(望遠)で
しめて40万円オーバー(amazon調べ)

気軽に買える値段じゃないね

もちろん僕は
お金持ちではないので
カメラはキャノンじゃないです

ちなみにPENTAX K-5Ⅱです
中古で5万円くらいで買ったのかな
たしか夏のボーナスで

とても気に入っているカメラで
ほかの人のカメラに比べて
価格は半分以下でも
写真の良さは引けを取らないぜ
って気持ちでいます

ひとが感動する写真って
カメラやレンズの性能を見て
感動する訳じゃなく

それならいい写真ってどんなだよ?
って言われると
一言でズバッと云えないけど

ミュージシャンの早川義夫さんの本に
こんな一節がある


いい音はなつかしい
どこかで聴いたことがあるような気がする
それは、絵でも文章でもそうだ
ステキな人に出会った時もそうだ

しかしどこかで聴いたのではない
どこかで見たのでも、触れたのでもない
かつてどこかで会ったのでもない

会いたかった人なのだ
求めていたものなのだ
表したかったものなのだ
ずうっと心の中にしまってあったものなのだ


すごくそう思う
僕の心の感動を写しとれる
K-5Ⅱはとてもいいカメラです



d0337380_00481410.jpg


d0337380_00483926.jpg


岡山ももたろう祭り 2015
by maturibito-odorib | 2015-09-30 00:51 | 雑感 | Comments(0)

秋が来て

暑かった夏が過ぎて
深まり行く秋

踊りびとたちの晴れ舞台
お祭りシーズンも
終盤へ差し掛かりつつあります

ことに学生の踊り連にとっては
引退、最後の演舞となり

さまざまな思いが
こころを巡り
万感胸に迫ることでしょう

一生懸命に打ち込んできたからこそ
大切に思う仲間だからこそ
ついにやってくる終わりの瞬間に

流れる涙は
とても綺麗だと思う


d0337380_23184430.jpg

神戸アライブ 2015
by maturibito-odorib | 2015-09-25 23:19 | 雑感 | Comments(0)

踊りびとの魅力

僕なりに想うこと
なんだけど

よさこいや阿波踊りや
このブログでとりあげる
踊りびとたちの魅力

一生懸命に
ひとつのことに打ち込む
真剣な眼差し
生き生きとした表情
楽しくてたまらないって感じ

踊りの上手い上手くないってのは
正直なきにしもあらずだけど

いい表情してると
見てて心が震える

このご時勢だから
仕方ないけど
街中でそんな生き生きとした表情には
ほとんど出遭えない

みんな空ろな表情で
スマホの画面に見入り
周りと関わるのを避けるように
前だけ見つめ急ぎ足で
通り過ぎてく

踊りびとたちの
生き生きとした表情は
生きるってことを
人間ってものを
それがこんなにも素晴らしいって
伝えているように思う

だから
僕はそんな素敵な瞬間を
写真って形で
切り取りたいって思う



d0337380_23175380.jpg

おの恋おどり 2015
by maturibito-odorib | 2015-09-24 23:19 | 雑感 | Comments(0)